任意整理 失敗

任意整理は裁判所を介さずに行え、債務整理の中でももっともたくさんの人が利用する方法です。言い方が適切かどうか分かりませんが、手軽に行える債務整理だと思います。(個人再生、自己破産に比べると。)

とはいえ、任意整理の失敗ケースとして、債権者が任意整理に応じない場合があるみたいです。弁護士や司法書士などのプロと、債権者の直接交渉になるわけですが、そこで上手くいかないということです。

応じない、とはどういうことでしょうか。応じないという選択ができるならほとんどの債権者が応じない気もしますが、そういうわけではないんですかね。よく分かりません。

任意整理 費用

任意整理の費用について調べてみました。弁護士事務所、司法書士事務所によって設定している金額や追加報酬などはちがっているものの、平均的には着手金として1債権者あたり4、5万円、それに加えて成功報酬として減額した借金総額の10パーセント程度を支払うことになるようです。

また、過払い金の請求に成功した場合は戻ってきた金額の20パーセント程度を支払うそうです。これらが任意整理のときに支払う費用の大体の目安になっているようです。

任意整理 クレジットカード

クレジットカードのショッピング払いなどでお金を使いすぎてしまい、借入残高が膨れ上がってしまうというケースがあります。そうした場合でも任意整理をすることが可能です。

例えば合計4社のカード会社からそれぞれ借金をしていて、借金総額が200万円、毎月の返済額が10万円だとします。自分の現在の収入が毎月15万円程度だとすると、借金の返済が生活を圧迫し、このままでは返済が滞ってしまうことが考えられます。

そうした場合にひとつの方法として任意整理を行うと、債権者(この場合カード会社)と司法書士が交渉をし、毎月の返済額を減らすことに成功し、10万円だった毎月の返済が3万円に減る、などできます。

人によって状況はさまざまですが、このようにして毎月の負担を軽減させることで、きちんと生活が回っていく状態に戻すというのが任意整理をするメリットです。